【新事実】見知らぬ女性達に50万円抜かれる男たちの話

あなたは、1人の彼女を作るまでの費用を計算したことがありますか?

「よし!彼女を作ろう!!!」と考えているあなた!

あまり、このようなことは考えたことがある人はいないかもしれませんが、
低収入時代において、彼女をつくるスキルの優劣によって、
多大なお金が影響してくるという事実を突き付けなればいけません。

彼女をうまく作れるスキルがないと死ぬ??

「彼女を作る力」を甘くみてはいけません。

彼女をつくることがうまい人と、うまくない人は、
ここまで違うということを書いてみたいと思います。

【彼女つくりがうまいAくん】

□付き合っても長く付き合っている
□現実的な付き合いが長くできることによって見栄を張る期間が短い
□無駄な女性にお金を使わなくていい
□1人の女性だけを理解すればいい
□気が散らない
□性欲を満たせる

【彼女つくりが下手なBくん】

□ころころ女性が変わる
□次の女性にどうやって見栄をはるか考えている
□60点の複数の女性にお金と時間を搾り取られる
□常に女性を意識して落ち着かない
□誰とやっても満たされない

自分に合う彼女を見つけるスキルが土台

あなたが例えば、何かを目指しているとしましょう。
資格であったり、仕事であったり、
私生活のクオリティを上げることだったり。。。

そういうときに、1人の女性がバチんといる人なのか、
無造作にあっちこっち女性を追ったり、
合コン、出会いのことばかり考えているのかでは
人生のクオリティがまったく異なってくることは予測できます。

つまり、彼女をつくるスキルそのものの価値知ることで、
人生のクオリティを上げていただきたいと思います。

2人の友人の話をします。

やみくもに女性を探していたR氏

Makoの知り合いでRという人がいます。

Rは、とにかく女好きです。
クラブでナンパして、二次会でおごり、さらにホテルへ・・・

そして、Rに1つ質問したのです。

「そんなに女の人と遊んでいるのに彼女いないの?」と聞きました。

すると、衝撃的な返答をRは話したのです。

「 どいつもこいつもビッチだから彼女にはできない 」

これを聞いて不思議でたまりませんでした。

女性にモテることと、彼女をつくるということは、別次元であると・・・・

本当に衝撃をうけました。

地味だけど一人の女性とずっといるユウジ

Makoはアメリカに住んでいますが、
日本にユウジという友人がいます。

言ってはいけませんが、彼はとても地味です。

しかし3年くらい同じ女性と付き合っています。

しかも、そこそこ可愛いんです・・(笑)。

彼にも質問をしました。

「 なんで彼女とそんなに長く続くの? 」と聞きました。

すると、彼はこう答えたのです。

「 俺は理解されたいから、まずは
リサ(彼女さん)のことを真剣に
理解しようと生きてきただけだよ 」

この言葉はRと真逆な内容ですが、
ユウジはとても安定しているのです。

みんなが見て見ぬふりをする人生のテクニック

まさに、男性にとって、
女性を理解して「彼女を作る」スキルの大小は、

生きるスキルの大小と
直結するとMakoは感じたのです。

ここまでの話を聞いていただいた方は、わかってくれますよね???

【彼女をうまく作るスキル】の価値は、
男性のあなたにとって多大な価値であるのです。

そこで、ユウジ
(この内容をシェアしたいと話をしたら
名前を出していいよと承諾をくれました)
の助言を一つだけ、お伝えします。

彼女を作るための見積もり

______________________
「彼女を作ることが下手な人は、
1人の女性を探すための見積もりが
高すぎる人で、誰も欲しいと思わないよ。」

「多種多様な複数の女性に
数万円ずつ使ってきた男を誰が欲しいと思うか?」
「ましては、イイ女ならなおさら・・・」

このように言い放ったのです。

続けて彼は

女性を理解していない自称モテるという男らは、
あちこち出かけてお金と時間を使い、一瞬の快楽だけを得て
どんどん満たされない世界に落ちていく。

インターネットの発達でどんな男でも、
「女」にすぐにアプローチできる世の中になってしまった。

だからこそ、
俺は一人の女性をいかに深く理解できるか?
ということが大切だと考えるんだ。

おおくの恋愛下手な男性には、
一人の女性に気持ちを捧げる価値をよく考えて欲しい。
______________________

Makoは、地味なユウジからこんなことを言われるとは思いませんでした。。。

結構どん引きしました(笑)。
鳥肌ものです。

しかし、そのセリフが今も頭から離れません。

50万円を超える!?

よく「アイドル好きな男は、何百万も女性につかう」という話を聞きます。
同じCDを100枚買うとか、そういう話です。

その話をアイドル好きじゃない男性がきいたら
「あーー、アイドルに貢いでいるのね」というでしょう。

しかし、そういう男性も実は女性に対してお金を使っているのです。

□ランチ代
□お酒代
□ディナー代
□水族館
□映画
□動物園
□遊園地
□ドライブ
□旅行
□ラブホ代
□合コン費
□出会い系

これだけでも10万円は使います。

1人の彼女を作るにあたって、こういうことを5人としてみてください。
50万円は使います。

さらに、女性を理解できていない状況でやみくもに動いていくと、、、
考えただけで「死」の文字が頭をよぎります。

女性を理解できるスキルがつけば彼女は自然とできる

あなたの見た目が、
平均値より劣っていたとしても、
自称モテ男には余裕で勝てます。

あなたがしっかり、自分に合う彼女を作りたいとしたら、
まずは女性を理解する力をつける必要があります。

Makoは、アメリカで心理学を
専攻しているので、安心してお聞きください。
ポイントをお伝えします。

5つの正しいステップ

要するに彼女をつくりたいということは、
5つのステップを間違わなければいいのです。

ステップ1 目につくふるまいを理解する
ステップ2 どう会話をすればいいか理解する
ステップ3 好感度を上げる
ステップ4 好きとインダイレクトに伝える
ステップ5 告白の仕方を理解する

この5ステップを、女性を理解した行動で実行することで
あなたは、狙った女性を彼女にすることができます。

このスキルさえつければ、あなたは
無駄に女性に対してお金と時間を使うこともなく、

さらにこれから出会う最愛のパートナーに
「あなたって尻軽だったのね」
と価値を低くみられずに済むのです。

すべてのステップの詳細を、
アメリカで学んでいる心理学をふんだんに
盛り込んで1つの作品にしてみました。

「彼女つくりの裏教科書」 50万円!!!!

嘘です。49800円!( R氏の1日の飲み代と風俗費の合計以下の価格です )

すこし金額はかかってしまいますが、
しっかり受け取ってもらって一生もののスキルにしてください。

ユウジとMakoからの願いです。

モテ男でさえ女性に困っている

どうしてなかなかの値段で販売という形をとるかといったら、
おそらく、ここにだらぁぁと書いたとしても、あなたは読まないと思うからです。

1000円でも多分あなたは本気になれないですし、
10000万円でも、まぁこんなもんね。。
とあんまり聞かないことが予測できますし

10万円かなとおもったのですが、
5万円程で女性をしっかりマスターしていただき、
残り5万円は、その女性との時間に使って欲しいと思いました。

なので、Makoは、これをきっかけに

「すこしお金を出してまでも読んでみたい。スキルを付けたい」
「読んだからには、これから女性に対して考え方をしっかりしよう」
「アメリカの女性の心理学を習得して絶対“いい”彼女をつくろう」
「自称モテ男を無視していい女を見つけよう」
「いい結婚をしよう」
「無駄な女性へのお金を使わないようにしよう」

のように考え方を変えていただいて、
うけとっていただきたいと思っているのです。

ごめんなさい。URLを貼り忘れていました。

アメリカで学んだ女性の心理学を用いて、
あなたには女性に困って欲しくないという強い気持ちで
文章を書いていて、URLを書き忘れました(笑)。。。。

こちらが今の時点のMakoの知っている女性心理のすべてです。

本気の人だけ、ちらっと読んでみてください。
→・・・・・・・・・(彼女つくりの裏・教科書

いつまで公開できるかわかりませんが、
今はまだ返金保障をつけておきます!