この人といたら私も品がないと思われてしまう……

言葉遣いはその人の魂?:

言霊というように、
言葉には昔から魂が宿っている、
と考えられていますよね。

もちろん、そんなスピリチュアルな内容ではありません。

今回お伝えしたいことは、
もっと言葉に注意を払おうといったところです。

「言葉遣い」は今まで積み重ねてきた
習慣そのものなので
すぐに変えるというのは難しいですね。

しかしながら、実際に女性は言葉遣いに敏感な生き物。

「だろ」「だぜ」といった
濁音で始まる言葉は
その人自身の品を下げてしまいますし

どうしても他人の評価の呪いから逃れられない女性としては
「この人といたら私も品がないと思われてしまう……」と
無意識的に逃げてしまうのです 。

あまり言葉を意識していなかった場合は、
これから意識してみてくださいね。

その人から発する言葉は
“内面を表している”と女性は感じ取ります。

たかが言葉遣い、されど言葉遣い。

せっかくの素敵な機会を逃さないために
濁音には気をつけて話していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です