キャバ嬢が惚れる“お客さんの条件”って何?

Q:【キャバ嬢が惚れる
お客さんの条件って何ですか?】

 

A:余裕がある人

 

●キャバ嬢が惚れる“余裕がある男性”とは?

Makoです。
年間数千人を相手する
エリート面接官であるキャバ嬢たち。

 

しかも面接日は毎日!
大量採用ランキング1位の
みずほフィナンシャルグループの面接官よりも

 

もしかしたら人を見抜く目が
養われているかもしれません(笑)

 

●これを知ればいつでも通用
彼女たち がOKする男になれば
どんなタイプの女性でも
通用すると思いませんか?

 

その答えは
“余裕がある男性”

 

一体どんな人が余裕があると
キャバ嬢は判断するのでしょう?

 

1.本当はすごいのに
いつも謙虚でより成長したいと思う姿勢。

 

2.自分から「俺、社長!」と言わずに
何度も聞かれるまで肩書きを黙っている人。

 

3. お金の話で
キャバ嬢を心配させない男性

 

このような
何も心配させずに
守ってくれるような男性に
キャバ嬢は惹かれるのです。

 

Q:【キャバ嬢が惚れる
お客さんの条件って何ですか?】

 

A:余裕がある人

 

Low down:
無駄に気を使わせないために
肩書きを黙っていられる人。

 

Q:【お金がない男性は
キャバ嬢に相手にされないのか?】

 

A:されます。

 

あなたの知りたい答えは
次回の記事で公開します!

 

Mako

キャバ嬢 “客” 恋愛対象か?

● 都内のキャバ嬢は
お客を恋愛対象としてみているのか?

 

男性にとって心惹かれるキャバクラ嬢。
可愛くてちょっとセクシーな彼女たちは
お客さんを“恋愛対象”と見ているのでしょうか?

 

 

正解は…
見ているのです!

 

これは男性にとっては夢があるお話です。

彼女は一体どんな男性に惹かれるのでしょう?

 

●キャバ嬢はエリート面接官
年間数千人単位の
お客さんと話す彼女たちには
まるでエリート面接官です。

 

 

あなたも就職の時、
面接官が怖くなかったですか?

思い出してください。

 

ドアを開けた瞬間に
広がるピリピリした空気、

すでに数十人の面接を終えたその部屋は
ジメジメしておりなんだか空気が悪いです。

 

 

顔を上げれば
ズラリと並ぶ面接官!

 

黒いスーツと白いワイシャツの
コントラストはまるであなたの膝を折るような
威圧感を放っています。

 

キャバ嬢はこのドレスバージョン。

 

見た目によらず中身はあの威圧キングと一緒なのです。

 

 

●一体どんな男性に惹かれるのか?

“モテようと威張る男性”ほど落第なのです。

 

 

「俺、医者だから病院に来なよ」
「六本木に家あるから仕事後こない?」

 

 

物や肩書きで女の子を
釣ろうとする男性は
彼女たちの目には届きません。

 

 

面接で資格自慢だけして
「一体何がしたかったの?」と
中身がない学生と一緒なのです。

 

 

つまり要約すると:

Q:都内のキャバ嬢は
お客を恋愛対象としてみているのか?

 

 

A:はい。しかしキャバ嬢は
“モテようと威張る男性”が嫌いである。

 

 

では
Q:【キャバ嬢が惚れる
お客さんの条件って何なのでしょう?】

 

 

彼女のエリート面接をパスして
柔らかく優しい笑顔を向けられる。

 

 

そしてギュっとハグされるには?

 

 

次回のブログで公開します!
Mako

練習

  • 女性は“みんなの意見”を重視する

    あなたがフラれた理由は一つに
    絞りきれないかもしれません。

    外見が好きじゃなかたのかもしれない
    雰囲気がダメだったのかもしれない
    収入を重視する女だったのかもしれない

    しかしほとんどの男性に
    共通するフラれる理由、
    それは“女性の友達の理想に合わなかった”
    マーケティング用語に
    Reference group というものがあります。

    「みんなが良いって言ってるもん!」の
    みんなは当人の周囲にいる数人にすぎません。

しかし彼女の世界に存在し、
最も影響力があることは間違いないのです。


つまりフラれたのは
彼女の意見というよりも
周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかもしれないのです。

好きな人の前で緊張したり
余裕がなくなったり、と

会話がぎこちない男性をみて
女性は「気持ち悪いな」と思うのです。

理由は?
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるからなのです。

●余裕を取り戻す

好きになればなるほど
テンパって告白できません。

ここでは余裕を取り戻すために
ある方法を使います。
その方法とは?

ヒントは今回のキーワード
“Reference group”です。

●まとめ:
・周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかも

・テンパるのが嫌われるのは
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるから

モテる男性は
ピンチの時も余裕を取り戻せる人♪

Mako

  • 女性は“みんなの意見”を重視する

    あなたがフラれた理由は一つに
    絞りきれないかもしれません。

    外見が好きじゃなかたのかもしれない
    雰囲気がダメだったのかもしれない
    収入を重視する女だったのかもしれない

    しかしほとんどの男性に
    共通するフラれる理由、
    それは“女性の友達の理想に合わなかった”
    マーケティング用語に
    Reference group というものがあります。

    「みんなが良いって言ってるもん!」の
    みんなは当人の周囲にいる数人にすぎません。

しかし彼女の世界に存在し、
最も影響力があることは間違いないのです。


つまりフラれたのは
彼女の意見というよりも
周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかもしれないのです。

好きな人の前で緊張したり
余裕がなくなったり、と

会話がぎこちない男性をみて
女性は「気持ち悪いな」と思うのです。

理由は?
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるからなのです。

●余裕を取り戻す

好きになればなるほど
テンパって告白できません。

ここでは余裕を取り戻すために
ある方法を使います。
その方法とは?

ヒントは今回のキーワード
“Reference group”です。

●まとめ:
・周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかも

・テンパるのが嫌われるのは
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるから

モテる男性は
ピンチの時も余裕を取り戻せる人♪

Mako

女性は“こんな男性”を求めている

  • 女性は“みんなの意見”を重視する
  • あなたがフラれた理由は一つに
    絞りきれないかもしれません。

    外見が好きじゃなかたのかもしれない
    雰囲気がダメだったのかもしれない
    収入を重視する女だったのかもしれない

    しかしほとんどの男性に
    共通するフラれる理由、<br/> それは“女性の友達の理想に合わなかった”
    マーケティング用語に
    Reference group というものがあります。

    「みんなが良いって言ってるもん!」の
    みんなは当人の周囲にいる数人にすぎません。

しかし彼女の世界に存在し、
最も影響力があることは間違いないのです。

●フられた理由

つまりフラれたのは
彼女の意見というよりも
周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかもしれないのです。

好きな人の前で緊張したり
余裕がなくなったり、と

会話がぎこちない男性をみて
女性は「気持ち悪いな」と思うのです。

理由は?
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるからなのです。

●余裕を取り戻す

好きになればなるほど
テンパって告白できません。

ここでは余裕を取り戻すために
ある方法を使います。
その方法とは?

ヒントは今回のキーワード
“Reference group”です。

●まとめ:
・周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかも

・テンパるのが嫌われるのは
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるから

モテる男性は
ピンチの時も余裕を取り戻せる人♪

Mako

“恋愛”へのネガティブが成功を呼ぶ

違うことは寂しさではないのです。
受け入れることで
「この人は間違っている!」
「どうすれば気に入ってもらえるか?」など
考えずに済むのです。

●モテナイ男はある方法が間違っている

一番難しいポイントは
“恐れてしまう”ことなのです。

心配性はリスクを
察知できるので
悪いスキルではありません。

むしろ有効に活用すれば
優位に立つことができます。

●テンパないこと

ここで好きな人の前で
テンパらない方法を公開します!

あなたはなぜ
「女性にフラれた」
「選ばれなかった」

「LINEを無視された」と思いますか?

それはテンパってしまったからなのです。

女性は基本的に
批判するのが好きです。

女性友達と一緒になって
「〜さんキモいよね!」
「新しく入った新入社員どう思う?」など
お互いの感情をオープンにします。

つまり当てはまる要素がある男性には
“辛く当たらなきゃ!”という

一種の“集団心理”が働くのです。
だからこそなるべく
悪口の対象にならないことが大切です。

一体どうすればいいのか?
次回の記事で公開します!

●まとめ:
・違うことは寂しさではない

・女性はお互いの感情をオープンにして
シェアすることが好き

・心配性はリスクを
察知できるので悪いスキルではないが、
恐れすぎるのは問題

モテる男性は
女性の“集団心理”をうまく利用できる人♪

Mako