キャバ嬢が惚れる“お客さんの条件”って何?

Q:【キャバ嬢が惚れる
お客さんの条件って何ですか?】

 

A:余裕がある人

 

●キャバ嬢が惚れる“余裕がある男性”とは?

Makoです。
年間数千人を相手する
エリート面接官であるキャバ嬢たち。

 

しかも面接日は毎日!
大量採用ランキング1位の
みずほフィナンシャルグループの面接官よりも

 

もしかしたら人を見抜く目が
養われているかもしれません(笑)

 

●これを知ればいつでも通用
彼女たち がOKする男になれば
どんなタイプの女性でも
通用すると思いませんか?

 

その答えは
“余裕がある男性”

 

一体どんな人が余裕があると
キャバ嬢は判断するのでしょう?

 

1.本当はすごいのに
いつも謙虚でより成長したいと思う姿勢。

 

2.自分から「俺、社長!」と言わずに
何度も聞かれるまで肩書きを黙っている人。

 

3. お金の話で
キャバ嬢を心配させない男性

 

このような
何も心配させずに
守ってくれるような男性に
キャバ嬢は惹かれるのです。

 

Q:【キャバ嬢が惚れる
お客さんの条件って何ですか?】

 

A:余裕がある人

 

Low down:
無駄に気を使わせないために
肩書きを黙っていられる人。

 

Q:【お金がない男性は
キャバ嬢に相手にされないのか?】

 

A:されます。

 

あなたの知りたい答えは
次回の記事で公開します!

 

Mako

キャバ嬢 “客” 恋愛対象か?

● 都内のキャバ嬢は
お客を恋愛対象としてみているのか?

 

男性にとって心惹かれるキャバクラ嬢。
可愛くてちょっとセクシーな彼女たちは
お客さんを“恋愛対象”と見ているのでしょうか?

 

 

正解は…
見ているのです!

 

これは男性にとっては夢があるお話です。

彼女は一体どんな男性に惹かれるのでしょう?

 

●キャバ嬢はエリート面接官
年間数千人単位の
お客さんと話す彼女たちには
まるでエリート面接官です。

 

 

あなたも就職の時、
面接官が怖くなかったですか?

思い出してください。

 

ドアを開けた瞬間に
広がるピリピリした空気、

すでに数十人の面接を終えたその部屋は
ジメジメしておりなんだか空気が悪いです。

 

 

顔を上げれば
ズラリと並ぶ面接官!

 

黒いスーツと白いワイシャツの
コントラストはまるであなたの膝を折るような
威圧感を放っています。

 

キャバ嬢はこのドレスバージョン。

 

見た目によらず中身はあの威圧キングと一緒なのです。

 

 

●一体どんな男性に惹かれるのか?

“モテようと威張る男性”ほど落第なのです。

 

 

「俺、医者だから病院に来なよ」
「六本木に家あるから仕事後こない?」

 

 

物や肩書きで女の子を
釣ろうとする男性は
彼女たちの目には届きません。

 

 

面接で資格自慢だけして
「一体何がしたかったの?」と
中身がない学生と一緒なのです。

 

 

つまり要約すると:

Q:都内のキャバ嬢は
お客を恋愛対象としてみているのか?

 

 

A:はい。しかしキャバ嬢は
“モテようと威張る男性”が嫌いである。

 

 

では
Q:【キャバ嬢が惚れる
お客さんの条件って何なのでしょう?】

 

 

彼女のエリート面接をパスして
柔らかく優しい笑顔を向けられる。

 

 

そしてギュっとハグされるには?

 

 

次回のブログで公開します!
Mako

練習

  • 女性は“みんなの意見”を重視する

    あなたがフラれた理由は一つに
    絞りきれないかもしれません。

    外見が好きじゃなかたのかもしれない
    雰囲気がダメだったのかもしれない
    収入を重視する女だったのかもしれない

    しかしほとんどの男性に
    共通するフラれる理由、
    それは“女性の友達の理想に合わなかった”
    マーケティング用語に
    Reference group というものがあります。

    「みんなが良いって言ってるもん!」の
    みんなは当人の周囲にいる数人にすぎません。

しかし彼女の世界に存在し、
最も影響力があることは間違いないのです。


つまりフラれたのは
彼女の意見というよりも
周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかもしれないのです。

好きな人の前で緊張したり
余裕がなくなったり、と

会話がぎこちない男性をみて
女性は「気持ち悪いな」と思うのです。

理由は?
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるからなのです。

●余裕を取り戻す

好きになればなるほど
テンパって告白できません。

ここでは余裕を取り戻すために
ある方法を使います。
その方法とは?

ヒントは今回のキーワード
“Reference group”です。

●まとめ:
・周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかも

・テンパるのが嫌われるのは
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるから

モテる男性は
ピンチの時も余裕を取り戻せる人♪

Mako

  • 女性は“みんなの意見”を重視する

    あなたがフラれた理由は一つに
    絞りきれないかもしれません。

    外見が好きじゃなかたのかもしれない
    雰囲気がダメだったのかもしれない
    収入を重視する女だったのかもしれない

    しかしほとんどの男性に
    共通するフラれる理由、
    それは“女性の友達の理想に合わなかった”
    マーケティング用語に
    Reference group というものがあります。

    「みんなが良いって言ってるもん!」の
    みんなは当人の周囲にいる数人にすぎません。

しかし彼女の世界に存在し、
最も影響力があることは間違いないのです。


つまりフラれたのは
彼女の意見というよりも
周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかもしれないのです。

好きな人の前で緊張したり
余裕がなくなったり、と

会話がぎこちない男性をみて
女性は「気持ち悪いな」と思うのです。

理由は?
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるからなのです。

●余裕を取り戻す

好きになればなるほど
テンパって告白できません。

ここでは余裕を取り戻すために
ある方法を使います。
その方法とは?

ヒントは今回のキーワード
“Reference group”です。

●まとめ:
・周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかも

・テンパるのが嫌われるのは
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるから

モテる男性は
ピンチの時も余裕を取り戻せる人♪

Mako

女性は“こんな男性”を求めている

  • 女性は“みんなの意見”を重視する
  • あなたがフラれた理由は一つに
    絞りきれないかもしれません。

    外見が好きじゃなかたのかもしれない
    雰囲気がダメだったのかもしれない
    収入を重視する女だったのかもしれない

    しかしほとんどの男性に
    共通するフラれる理由、<br/> それは“女性の友達の理想に合わなかった”
    マーケティング用語に
    Reference group というものがあります。

    「みんなが良いって言ってるもん!」の
    みんなは当人の周囲にいる数人にすぎません。

しかし彼女の世界に存在し、
最も影響力があることは間違いないのです。

●フられた理由

つまりフラれたのは
彼女の意見というよりも
周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかもしれないのです。

好きな人の前で緊張したり
余裕がなくなったり、と

会話がぎこちない男性をみて
女性は「気持ち悪いな」と思うのです。

理由は?
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるからなのです。

●余裕を取り戻す

好きになればなるほど
テンパって告白できません。

ここでは余裕を取り戻すために
ある方法を使います。
その方法とは?

ヒントは今回のキーワード
“Reference group”です。

●まとめ:
・周囲の女性が「やめとけば?」と
意見をねじ曲げたかも

・テンパるのが嫌われるのは
周囲の女性が「気持ち悪くない?」と
あなたの好きな女性に
“共感”を求めるから

モテる男性は
ピンチの時も余裕を取り戻せる人♪

Mako

“恋愛”へのネガティブが成功を呼ぶ

違うことは寂しさではないのです。
受け入れることで
「この人は間違っている!」
「どうすれば気に入ってもらえるか?」など
考えずに済むのです。

●モテナイ男はある方法が間違っている

一番難しいポイントは
“恐れてしまう”ことなのです。

心配性はリスクを
察知できるので
悪いスキルではありません。

むしろ有効に活用すれば
優位に立つことができます。

●テンパないこと

ここで好きな人の前で
テンパらない方法を公開します!

あなたはなぜ
「女性にフラれた」
「選ばれなかった」

「LINEを無視された」と思いますか?

それはテンパってしまったからなのです。

女性は基本的に
批判するのが好きです。

女性友達と一緒になって
「〜さんキモいよね!」
「新しく入った新入社員どう思う?」など
お互いの感情をオープンにします。

つまり当てはまる要素がある男性には
“辛く当たらなきゃ!”という

一種の“集団心理”が働くのです。
だからこそなるべく
悪口の対象にならないことが大切です。

一体どうすればいいのか?
次回の記事で公開します!

●まとめ:
・違うことは寂しさではない

・女性はお互いの感情をオープンにして
シェアすることが好き

・心配性はリスクを
察知できるので悪いスキルではないが、
恐れすぎるのは問題

モテる男性は
女性の“集団心理”をうまく利用できる人♪

Mako

告白しなくても付き合える方法って?

あなたは告白をどんなふうに考えていますか?

少し考えてみてくださいね。

もし、単に付き合うための
「通過儀礼の一つに過ぎない」
と思っていたのであれば、告白は成功しないでしょう。

●告白の最大の目的

女性を安心させて
一線を越えてもらう勇気を出してもらう。 “告白しなくても付き合える方法って?” の続きを読む

女性の心が揺れる瞬間

男性の意外な一面を見た時、女性の心は揺れる:

カウンセリングを通してでも
男と女では感情や言葉の出し方や
受け止め方に大きな差があるのです。

女性は思いついたことを
次から次へとポンポン話すことができます。

つまり、同じところを堂々めぐりする癖があるのです。

そのために
男性の感情を軸に判断しない“冷静さ”が
キラキラと魅力的に映るのです。

逆に言えば、感情的な人は
モテないんですよね。

これは生理的に
嫌われるレベルと言ってもいいです。

好きな女性と一緒にいる時は
自分の男性としての能力、

問題解決型の力を行う姿を見せつけ
アピールする大チャンスなのです。

このことを頭に入れておけば
デートの仕方が変わってくると思いますよ。

どんな男性を目指すべきか?

モテを遠ざける陰気さとは?:

女性同士の浅い人間関係は
“噂と愚痴でできている”といっても
過言ではありません。

本当に親しい人以外とは別に
女性が話すことは有史以来この2つに限るでしょう。

社交性を重視する女性は
どうしても相手と話し続けなければいけません。

話題を選んでいては交流が深められないので
「手っ取り早くて情報交換もできてストレス解消!」

こうやって自分が仲間外れにならないように気を使うのです。

一方ですごく勝手だとはわかっているのですが
男性が女性の悪口を的確に言われると
「えっ!」とかなり萎縮してしまいます。

“男性には強く頼もしい存在でいてほしい”

女性にとって「悪口」という陰気さは
その人のイメージを暗く
”女々しい男”と判断されてしまうのです。

女々しい男はモテない?

嫉妬はいつでもあなたを黒くする:

女性は他人の評価の
ストレス下で生きています。

信じられない話ですが
ダイエットに流行ファッションを
追いかけるのはいつでも女性ですよね。

・拒食症などの摂食障害

・醜形恐怖症(自分がブスだと思い込み過ぎてしまうこと)

それらの約80%が女性という結果が出ています。

このように他人の評価が
気になって仕方がない女性は
“嫉妬する他人”にすらも
良いイメージを抱きません。

嫉妬するのは「自分で十分」と思うのです^^

男性に解放されることを
望む女性にとって
嫉妬する男性を見ると

「この人も私と同レベルなの?」

「女々しい男だわ!」

とあなたを頼ることを止めてしまいます。

嫉妬はそれ自体あなたを黒くすると同時に
女性からの尊敬をも失ってしまう可能性が高いのです!

もちろん、それは女性にモテない
大きな要素となってしまいますので
注意しましょう!

車の運転でモテるか分かる

車の運転で分かる人間性:

8割の女性が一番多く”怖い”
と感じた瞬間はいつだと思いますか?

それは車の中なのです。

運転している本人は
いつもの調子でハンドルを切っているのですが

初めて乗せてもらう女性にとっては
あなたの人間性リサーチの始まりです(笑)。

・スピードの出し過ぎ

・ギリギリまでブレーキを踏まない

・信号前では体が前のめりになるほど急にブレーキを踏む
→女性にとっては酔ってしまう惨事に発展してしまい気分は最悪に。

このように車の運転という
プレッシャーが強い環境下では

本性が出やすいので
女性は男性の“余裕の尺度”を測ります。

自己流で運転していませんか?

若い人ならば経験不足が影響して
難しい部分なのは承知しておりますが

女性を助主席に乗せる場合は
ぜひとも丁寧なドライブで
エスコートしてあげてくださいね!

この人といたら私も品がないと思われてしまう……

言葉遣いはその人の魂?:

言霊というように、
言葉には昔から魂が宿っている、
と考えられていますよね。

もちろん、そんなスピリチュアルな内容ではありません。

今回お伝えしたいことは、
もっと言葉に注意を払おうといったところです。

「言葉遣い」は今まで積み重ねてきた
習慣そのものなので
すぐに変えるというのは難しいですね。

しかしながら、実際に女性は言葉遣いに敏感な生き物。

「だろ」「だぜ」といった
濁音で始まる言葉は
その人自身の品を下げてしまいますし

どうしても他人の評価の呪いから逃れられない女性としては
「この人といたら私も品がないと思われてしまう……」と
無意識的に逃げてしまうのです 。

あまり言葉を意識していなかった場合は、
これから意識してみてくださいね。

その人から発する言葉は
“内面を表している”と女性は感じ取ります。

たかが言葉遣い、されど言葉遣い。

せっかくの素敵な機会を逃さないために
濁音には気をつけて話していきましょう!

女性は男性のどこを見ているのか

女性は優しい男性が好き:

女性は自分の貞操を守るために
言葉だけでは騙されないようにできています。

口説いている時のあなたは
実は参考にされてないのです。

それは過度な優しさから
できていると女性は知っているのです。

友達でもなく
その人の素が出る場面はどこか?

キーワードは“店員への態度” 。

コンビニ、チケット売り場、レストランなど
サービスを利用するにあたって

たとえ1分以内でも店員と接する機会がある、
そのたった“一瞬”、無意識に出る態度で
その人の性格を判断します。

店員への態度がデカい男性とは付き合いたくない
とよく言われますよね。

これはその人の素が見える、
というわけだったのです。

例えば、

・きちんと商品のお礼が言えるか?
・チケットを受け取った時にお礼を言えるか?
・おしぼりやお水の対応が遅くても怒らないか?

などなど。

あなたの無意識の習慣が出るその一瞬に
女性はその人の”本来の優しさ”を見抜くのです。

口約束守っていますか?

あなたなら「受け入れてくれるかもしれない」という希望:

女性が惹かれる男性は誠実な人が多いです。

理由は誠実であれば
自分を“裏切る”可能性が低いということ。

また抱えているトラウマや
幸せ恐怖症をさらけだしても
「受け入れてくれるかもしれない」という
希望を感じることができるのです。

別に完璧に実行しないといけない、
というわけではありません。

女性によっては
そのあたりに非常に厳しい方もいますが、
例外的ですね。

日頃からある程度の
実行率を達成できていれば
同性からの信頼も得られますし、
自然と自信もつきます。

小さなことに見えますが
女性は男性を正確に観察してしまいます。

というより目についてしまうのです。

日常生活の些細なことにも気を遣える男性は
いつでも女性を惹きつけてやまないのです。

これを言われたら、もう付き合う寸前

幸せなカップルは
呪いをといた果てになれる!:

ほとんどの 人は
恋人に「心のつながりを感じたい」と
願いを抱いています。

女性はある程度の困難を一緒に乗り越え、
その果てに「この人と一緒にいたい!」と感じるのです。

もともと女性は周りからの評価にとても敏感な生き物。

男性よりも「呪い」をかけられやすい存在。

あなたがヒーローとなって
彼女を救い出すことを演出させれば

女性心理としても
理想の男性として映るのです。

だからこそ、女性のトラウマに敏感になってください。

彼女が困っていることはたくさんあるでしょうし、
ここで最も重要なポイントは、
なかなかトラウマは打ち明けてくれない、
ということです。

ですから、「ここにトラウマがある、
コンプレックスがあるの」と言ってくれたようであれば
とてもあなたを信頼しているということです。

美女なのに容姿に“自信がない”

・一人暮らしの場合は“寂しさ”

・家族暮らしの場合は“窮屈さ”といった

・人間関係の悩みから仕事の“悩み”

もちろん、これらはトラウマ
というほどのことではないですが、

女性によってはトラウマ級に
思っていることがありますので、
注意が必要です。

なので、「そんなことで悩むなよ」
と突き放さないであげてくださいね。

「やっぱり、誰も私のことを理解してくれないわ」
と思われるだけで、付き合いには発展しません。

彼女の手助けをできることは
たくさん存在するのです。

いきなり「可愛いね」と言っても……。

女性は男性の心の動きを読み取れる!:

女性は男性の嘘を見抜くのが得意です。

“見た目”を褒められることを
嫌うのはこのためなんです。

美女でも内心は
自信がない子は案外多いんですよ。

なので、こういう子に対して
いきなり「可愛いね」と言っても
警戒されるだけですね。

できる限り多くの人に
「認めてもらいたい」と同時に
自分の心にある暗い部分も受け入れてほしい。

こんな葛藤を抱えている女性は
男性のアプローチを“素直に”
受け取れない時があるのです。

できることは相手を”肯定する”こと。

「大丈夫?」と声をかけてあげるだけでも変わります。

変に意識してしまうと
相手の態度から読み取ってしまうので

「どんな考えをしてるんだろう?」
と興味を含めた態度で聞いてあげると女性も安心できます。

言葉に心を込めるのは難しくても
興味ならすぐに向けることができるのではないでしょうか?

冬にしかできないサプライズ

季節限定で
スマートに優しくできること:

四季が巡る日本でも
夏と冬だけはどうも好き嫌いが分かれますよね。

人が「過ごしにくい」
と感じる季節には“気遣いチャンス”が
いたるところにあるのです!

季節に対してできる最も重要な気遣いとしては
“女性の体調”を心配してあげることです。

例えば、寒くて起こる体調不良は”風邪”がありますよね。

風邪をひかないためには
あまり寒さを感じさせないことが効果的です。

彼女の分のホッカイロを予備で持参すれば
サプライズで彼女を喜ばせます。

暖かい飲み物で気遣いを表現したりと
寒くないか確認してあげると
“大切にされてる”と女性は感じるのです。

こうした期間限定の気遣いは
なかなか習慣化しないので、
差をつけるチャンスです。

季節限定の気遣いはできる期間が少なく
ライバルもなかなか見落としがちなため
好印象と受け取られるパターンが多いです。

ぜひとも実行していってくださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=uS2diIwuNMA

モテる男性のLINEはここが違う

多くの男性がその優しさから
女性にLINEを送ることを緊張してしまいます。

ここで気が付いて欲しいことは
思いがこもりすぎたメッセージを
男性が送りやすいということ。

LINEは少し前のメールとは異なり

どうしてもチャット形式が影響して
下手したら文面が長くなりすぎたり

スタンプ、絵文字の使い方が豊富のため
「好き」という思いが込めすぎてしまうのです。

ポイントは、1つのメッセージに
伝えたいことは1つに収めると
女性も返信しやすいのですよ。

女性同士はLINEの時でも
相手を気遣うことを忘れないのです。

だからこそ、男性からも
その気遣いがみられると
とても嬉しいのです。

なぜなら、女性は感情を共有したい生き物だからですね。

せっかく思いがこもっていても
“重い”と感じてしまった瞬間から
あなたのLINEが開きたくなくなっちゃいます。

たった少しの違いですが、実は大きなこと。

小さな一歩から始めていきましょう^^

女性を魅惑する

女性は反省ができる男性が大好き!:

多くの男性はどうすれば女性にモテるのか?

まるで流行ファッションを追うかのように
周囲に合わせて、大勢の人と一緒になって
自分の個性を潰してしまう男性が存在します。

ここでやってみることは
自分のユニークな恋愛観を持つこと。

例えば、女性は反省ができる男にドキッとするんですね。

そして、そこに謙虚さと成長の兆しを見抜きます。

失敗は悪いことと思われがちな日本ですが、
あえて失敗に慣れることによって
向上心と新しいことにチャレンジする力が身につきます。

「この人と一緒にいると、いつもワクワクするな」
と女性を魅惑することが可能になるのです。

驚きの事実

女性は貞操を守るためなら何でもする!:

女性は裏の意味を見抜くことが大得意です。

あなたが求めているモテるテクニックは
気をつけなければ好感度を得るどころか
“下心があって近寄り難い悪い男性”とみなされてしまいます。

女性は貞操を守るために
不純の気配を少しでも感じると
センサーが反応して逃げてしまうのですよね。

ここで大切なことは
“女性との最終ゴールはどこか?”
という目標を明確にすることです。

ただのセフレなのか、
結婚を意識するのか、
それとも顔が好みだから一時期の恋人として遊びたいのか……。

心理学の世界では
フロイトという心理学者の
”無意識説”が非常に有力です。

つまりゴールを明確に設定することによって
あなたの方向性が確立され、
“結果的に不要に女性に警戒される回数が減る”
という驚きの事実が存在するのです。

真面目な人ほど、理想の王子様になれる!

理想の王子様になる方法:

多くの男性が行う間違いとして

「イケメンじゃなければモテない」
「パーティーが好きじゃないから俺はダメだ」
「女性経験が少ないからダメだ」

と思い込んでいませんか?

実はこれは間違っています。

真面目で一つのことに集中できる男性ほど
女性の理想の王子様になることができるのです!

その理由は”安心感”

イケメンは次々告白されるので
(実際そうなのかどうかはともかく)
女性は気が気じゃないんです。

パーティーが好きな人は
彼女を置いてけぼりにして
遊びに行ってしまうでしょう?

女性経験が多ければ
すぐに新しい出会いを求めに走るかもしれません。

あなたがトラウマを抱えているように
女性も不安を抱えています。

もしあなたがご自身を
「モテない男」と思っている場合、
ちょっとだけ待ってください!

“たった一人の女性にだけを愛せる力”は
誰にでもあるわけではないあなたの強みなのです。

「元気ないね、何かあった?」と聞いてみよう

女性の緊張を和らげらればモテる男に!:

女性は男性と比べると
おしゃべりが好きな生き物。

親しい友達と秘密を共有したり
噂話に目がなかったりと

男性からすれば
「あんな話楽しのかな?」
と思う話題でも

2時間なんてあっという間、
3時間、4時間も話し続けることができます!

あなたも振り返ってみると
そういった女性が多いことに
気がつくのではないでしょうか?

女性心理では”話すこと”だけで
快楽ホルモンのドーパミンを活性化するため
「なんとなく」話し続けていたいのです。

けれどもそれが男性の前では一変します。

異性の前では
同性どうしほど気軽に話せないのは
あなたも思うところがあるのではないでしょうか?

女性の緊張を和らげるには
“聞く姿勢”になって接しましょう。

例えば、こんな一言が効果的です。

「元気ないね、何かあった?」

相手の調子を伺いながらも
話させるテクニックで聞き手に徹し、
女性のストレスを軽減させてあげましょう。

あなたが必ずモテる理由‐コンプレックスはありますか?

あなたは必ずモテる!:

あなたには何かコンプレックスがありますか?

背が低い、顔に自信がない、太っている、痩せすぎている。

いろいろあると思うんですよね。

しかし、驚くべきことに、
誰もが美女と認めるような女性でさえ
コンプレックスを持っている、ということです。

もっと脚を細くしたい、といった感じですね。

もうすでに十分に細いので
些細なものなのですけれども、
当人にとってはコンプレックスなのですね。

自信過剰な人でない限り、
コンプレックスは
何かしらあるものなのです。

もちろん、Mako自身にもありますよ^^

そして、もう一つ重要なことは、
そのコンプレックスを受け入れてくれる人は
必ず存在するということです。

太っている男性であっても、
「デブ専」といって、太っている男性を好きな女性がいるのです!

これがあなたが必ずモテる理由です^^

ライバルより抜きん出る方法

男性界の常識は
女の世界では罰金モノ!?:

多くの男女は自分たちが
同じモノを見て、同じように考えていると思い込み、
自分の思考スタイルが相手にも通用するものと
錯覚してしまっています。

例えば表現力の違い。

最近は表情豊かな男性が言えましたが
まだまだ女性には及びませんよね。

女性は顔の表情・声のトーン・反応の速度
手の仕草、視線の方向、顔の筋肉の動きなど
多くの情報を察知することができます。

「言葉だけ」を使うのではないのです。

自分が使える表現メソッドを贅沢に使い
相手に気持ちを届ける工夫が
ライバルより抜きん出る方法なのです。

例えば挨拶ですね。

「○○さん、おはよう」と言葉だけではなく

笑顔や声のトーンにも気を使ってみましょう!

だいぶ好印象に変わりますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=gQqwtYVse8k

女性にイライラしたことはありますか?

ストレスを軽減する方法:

男女差を認めることから
全てが始まります。

男と女がお互いの考え方や
行動に疑問を感じたり

不満を感じたりすることは
通すフィルターの違いが
原因だということを話してきました。

男女がお互いの
「差」をどう認識するかによって
ストレスは削減され
理想的な恋愛関係を築くことができます。

「この差はどちらが優れているとか
どちらが劣っているとか?」
という問題ではないのです。

そして、それをつきつめていくと
結局は脳や体の違いにつながります。

男女の見た目はもちろん異なりますし
生物学的にも、動物行動、医学などの
さまざまな分野で違いが存在しています。

このように目の前の相手だけに囚われず
高くそびえたビルから地上を眺めるように
視点を一歩上に設置することで
男女の違いが見えてくるのです。

いい男の話の聞き方

男女差を知ってこそ
恋愛アプローチが広がる:

お互いの「どうして……」の理由を
きちんと知ることで歩み寄ることができます。

ここでは女性の話し方について。

女性はおしゃべりが大好きな生き物。

しかし男性と異なり
その進め方もかなり違います。

話していた内容の続きだと思っていたら
いきなり「方向転換ドリフト走行!」のように
いつの間にか話が飛んでいたり(笑)。

あなたも女性と会話していて
「なんか変だぞ」と思ったことはないでしょうか?

女性はつじつまが合う話よりも
“単に話を聞いてほしい”だけなのです。

ここが男性の世界でしたら
アドバイスをしたり
口出しをするところですが
ここで“いい男の差”が生まれます。

あなたが話を聞いてくれることは
彼女にとって“存在の承諾”を欲しているということ。

話を聞いてもらうことにより
「自分は嫌われてない」と安心することができるのです。

“一瞬で”モテる魔法のコトバ

女性が相談してきた時に
一番好印象の返答とは?:

女性は頼れる人に
悩み事を相談するのが大好き。

この悩んでいる瞬間に的確な返答をすれば
あなたが“頼れる男”と印象づけることができます。

的確な返答は簡単です。

「それは大変だね」。

女性との会話で最も重要なことは、
共感することです。

なぜ共感することで効果があるのか?

それは女性の脳は
「他人が自分をどう見ているか?」と
常に気にしてしまう構造になっているためです。

モテるためには、
この「共感してほしい欲求」を
満たすことに集中していきます。

「自分の気持ちをわかってもらえた」と
思われるように安心を与えてあげましょう。

そうすれば女性自らもっと
あなたに相談事をしたくなるのです!

そうすれば、付き合うのは時間の問題ですね。

ケンカの原因‐男女の思考の違い

男女の思考の違いを理解しよう!:

ケンカの根本的原因のほとんどは、
“思考の違い”を理解していないことに起因しています。

男と女はまったく別のフィルターを通して世界を見ています。

優しい男性、つまり
女心を理解する一歩は
男女は思考形態がまったく
“別もの”と受け入れる力が必要です。

アメリカの平均離離婚率は50.1%と
日本の16.4%と比べると
とんでもない数字なのです。

思い出してください。

アメリカは集団主義の日本とは異なり
個人主義の文化なので
「自分がしたかったら即離婚!」してしまいます。

ここで注目してほしいのが文化の違い。

個人主義「みんなが違ってアタリマエ」なので、
(だからこそ簡単に離婚もしてしまいますが)
レディーファーストや「I love you」
と恥ずかしもなく言えるんですね。

そうしないと、離婚されてしまうからですね(苦笑)。

相手と自分が違って当たり前と
理解しているからこそ生まれる
本当の“優しさ”なのです。

あなたも一歩ライバルに差をつけるために
男女は思考形態がまったく
“別もの”と受け入れていきましょう。

このコトバを言ってませんか?

理屈っぽい男性が嫌われる理由:

まずモテるための第一歩として、
「どうして?」と聞く回数を減らしていきましょう。

男性は理由を言葉で話されるのを欲する生き物。

女性は理由を相手先読みしてほしいと願う生き物。

多くの男性は何をするにあたっても
解決するための“理由”を必要とします。

つまり、「どうしてこうなるのか」と納得したいのです。

男性の世界ではそれは
日常的に行われている習慣なのでしょう。

しかしながら、
これが女の世界となると一変します。

実はこの男性がする
“理由を追求する態度”は
女性にとって精神的な脅迫と化し

あなたに悪気がなくても
相手の女性を傷つける要因になるのです!

女性は優しい男性が大好きです。

女性を怖がらせないためには
「どうして?」と聞く回数を減らしていきましょう。

“受け身で”モテる方法

“受け身”であってもモテる方法はあるのです!
●聞き上手の魅力:聞き上手は立派なテクニックです。

そんなメリットたっぷりのスキルですが、
“どうすれば恋愛で生かせるのか?”ご紹介します。

●聞き上手は確実にモテる!:

会話を意思疎通として捉える男性と異なり
女性はこれで「駆け引き」をして
トゲトゲしい女の世界を生き抜いているので

聞くことに対して
男性とは違った価値観を持っています。

キーワードは「居場所」です。

話を聞いてくれる行為は
女の世界で「居場所」を
与えられたことを意味します。

女性は真剣に話を聞いてくれる
男性が大好きな生き物。

今度からは聞くことに
集中してあげてみてくださいね。

驚くほど、あなたに心を開くはずです!

あなたに心を開いていく

案外話を真剣に聞いてくれる人はいない:

「聞き上手になりたい!」と言っても
やり方が分かりませんよね。

学校で教えてもらえるわけでもなく
かと言って自然に身につく能力でもありません。

いったい、聞き上手になるにはどうしたらいいのか?

「聞き上手になるテクニック」の
お手伝いをMakoがさせてもらいます。

話している人に身体を向ける:

モテたければ、
話している人に身体を向けましょう。

真正面にいるなら真正面に。

真横に座っているのならできるだけ話し手のほうへ
身体を向けて座りましょう。

これは「ちゃんと聞いているよ」
というサインになりますし

女性が安心して
話せる雰囲気を作り出せます。

食べ物の恨みならぬ、
話を真剣に聞いてくれない恨みは怖いですよ(笑)。

適当にあしらわれたと感じると、
もうあなたに話そうとしないでしょう。

そこから険悪になって関係が
壊れてしまうことはよくあります。

「まさか、こんな話を聞かなかったくらいで……」
と誰も分からないでしょうね。

これは多くの男性が気づかないことなのですが
“上半身だけでなく、膝も相手のほうに向けること”

そうすればより熱心に
聞いている態度が相手に伝わるのです。

そうしてどんどん、あなたに話したくなり、
話していくうちにあなたに心を開いていくのです!